メインコンテンツに移動

Choose your region

Americas

    Middle East / Africa

      Europe

          Asia

            Australia and Oceania

              頼れるディスクイメージを取るソフトウェアの作成から、現場で IT のプロに支援協力にいたるまで、すべてのストレージクラフトの活動の目的はは、迅速で信頼性の高い完全なリカバリーを実現することです。

              2003年12月の開業時、業界の知識、強い統率力、ドライバー開発、ストレージのコンサルティング、開発ツールキットのバックグラウンドの基盤の上にブランドを構築しました。今日では、ストレージクラフトテクノロジーは、グローバルカンパニーであり、優れた収益成長率を示し、十分な種類を揃え、受賞歴を誇る、事業継続性製品群を備えるまでになりました。世界規模のネットワークで実力のある、販売代理店、販売パートナーと提携しています。米国ユタ州ドレイパーにある本社から事業を展開し、アイルランド、日本、オーストラリアに海外拠点を開設しています。

              ストレージクラフトはチャネル・ディストリビューション・モデルに力を注力しています。 なぜなら、販売代理店、販売パートナーの皆様との提携により、ストレージクラフトのリカバリー・ソフトウェアを、より大規模なソリューションに統合できるからです。また、MSP (マネージド・サービス・プロバイダー) と販売パートナーの皆様とエンドユーザーにより良いエクスペリエンスの提供を実現します。さらに、スナップショットからクラウドまで、迅速で信頼性が高い完全なストレージクラフト・リカバリー・ソリューションを、ストレージクラフト・パートナーとエンド・ユーザーの皆様に提供します。

              会社情報

              創業

              2003年12月

              従業員数

              350 名

              グローバル拠点

              4 ケ所

              販売パートナー数

              11,000

              バックアップされているデバイス台数

              1,000,000 以上

              ストレージクラフトの経営陣

              ストレージクラフトの経営陣は、企業向けソフトウェアの製品開発や管理といったあらゆる面において数十年に及ぶ経験を有しており、この経験に裏打ちされた製品を業界に提供しています。弊社の使命は、ダウンタイムを短縮し、システムとデータに関するセキュリティーと可用性を向上させ、サーバー、PC の維持管理トータルコストを削減するソリューションを提供することです。

              ストレージクラフトCEO Matt Medeiros 写真

              マット・メデイロス (Matt Medeiros)


              会長兼CEO

              マット・メデイロスは、情報テクノロジー業界での豊かな経験を携えて、2016年1月にストレージクラフトの会長兼CEOに任命されました。ストレージクラフトでは、ブランド力向上、販売パートナー提携プログラムと関係の強化、グローバル IT チャネル販売全体にわたるプレゼンスの拡大に導くビジョンと戦略の展開を担っています。ストレージクラフトに入社する前は、SonicWALL の最高経営責任者兼社長を務めました。(2003年~2012年 Dellによる買収まで)。その後、Dell SonicWALL のセキュリティー・ソフトウェア部門のゼネラル・マネジャーを務めました。合計で35年のPC製造、運営、原材料管理の経験を持ち、アップルコンピュータ、NeXT Computer、フィリップス エレクトロニクスでの上級管理者レベルの職位も含まれています。サンフランシスコ大学で経営学の学位を取得しています。

              Doug Brockett, President, StorageCraft - headshot

              ダグ・ブロケット (Doug Brockett)


              社長

              ダグラス・ブロケットは、情報テクノロジー分野で23年以上のキャリアを積んできました。Exabloxに入社する前は、SonicWALLの副社長兼ゼネラル・マネジャーとして、同社の製品、戦略、経営企画、サポートおよびクラウド事業を統括しました。それ以前もSonicWALLのワールドワイド・マーケティング担当副社長として、同社のチャネルおよびコーポレートマーケティング活動を主導しました。SonicWALL入社前は、革新的なデータセンター・ネットワーク構築会社である、Nexsi Systemsのマーケティングおよび事業開発の担当副社長を兼任しました。彼のキャリアはネットワーク構築のパイオニアであるBBNで始まり、同社のハイエンド ホスティング グループの開発・運用を担当後、副社長としてGTE(現Verizon)による買収で成功を収めました。ダグはハーバード大学で学士号と修士号を取得しています。

              ストレージクラフト Marvin Blough 写真

              マービン・ブロウ (Marvin Blough)


              ワールドワイドセールス担当副社長

              マービン・ブロウには、IT セキュリティーとソフトウェアのグローバル直販、チャネル市場開拓を主導して成果を上げた30年を超える実績があります。この経験を携えて、2016年1月にストレージクラフトに入社しました。ストレージクラフトでは、ワールドワイドセールス担当副社長として、チャネルパートナーの収益率を向上させるチャネルパートナー提携の確立によって同社のグローバルリーチを拡大することに注力しています。また、海外の代理店販売パートナーと密接に連携して、新規市場へのストレージクラフト製品ラインの導入も担当しています。ストレージクラフトに入社する前は、9年間SonicWALL でワールドワイドセールス担当副社長として務め、その間の業績から 8 回の CRN Channel Chief 賞を受賞しました。米国バージニア工科大学で経営学士号を取得しました。

              Ramesh Balan, VP Engineering, StorageCraft - headshot

              ラメッシュ・アイアー・バラン (Ramesh Iyer Balan)


              Exabloxエンジニアリング担当副社長

              ラメッシュ・バランは、情報テクノロジー分野で20年以上のキャリアを積んできました。Exabloxに入社する前は、Data Domain(後にEMCが買収)のシニアディレクターとして、同社のシステムソフトウェア開発部門を統括し、コア重複排除エンジニアリング部門を率いました。新規株式公開前から10億ドル規模へ急速な組織成長をもたらし、中国の開発センター新設を含むサポート事業拡大にも貢献しました。Data Domainへの入社前は、ベリタスソフトウェア(後にシマンテックが買収)のシニアディレクターを務めました。ベリタスでは、Veritas Storage Foundationにおいて、米国、英国、インドをまたぐグローバルファイルシステム開発部門の統括として、新製品開発および各種製品リリースを率いました。ベリタス入社前は、Bell LabsのUnix System Labsの研究部門に所属していました。ラメッシュはニューヨーク州コロンビア大学でコンピュータ科学の修士号を取得しています。

              Jawaad Tariq, VP Engineering, StorageCraft - headshot

              ジャワード・タリク (Jawaad Tariq)


              ShadowProtectエンジニアリング担当副社長

              ジャワード・タリクは、Fusion-io/SanDiskを経て、ストレージクラフトのソフトウェア開発と品質保証部門を監督しています。また、バックアップ・リカバリソフトウェアの全ラインアップおよびクラウド技術に関連する新製品と新機能の開発も主導します。

              ジャワードは、Fusion-ioに在籍した5年のうち4年以上、ソフトウェア・エンジニアリング・ディレクターとして、同社のソフトウェア開発部門を統括、拡大させました。また、ノベルに10年在籍し、ソフトウェア・エンジニアリング・ディレクターとして、データセンター管理とクラウド・マネジメントの技術部隊を新設、主導しました。ジャワードはブリガムヤング大学で電子工学の学位を取得しています。

              Shridar Subramanian, VP Marketing, StorageCraft - headshot

              シュリダール・スブラマニアン (Shridar Subramanian)


              マーケティング担当副社長

              シュリダール・スブラマニアンは、情報テクノロジー分野で23年以上のキャリアを積んできました。Exabloxへの入社前は、PCIe SSDの主要プロバイダーであるVirident Systemsで、マーケティング担当副社長として、製品戦略、市場開拓を統括し、認知度拡大と需要創出に携わりました。Viridentへの入社前は、ストレージ仮想化ソフトウェア会社である、Monosphere Inc.のマーケティング担当シニアディレクターとして、同社の市場・製品の定義を担いました。Monosphere入社前は、NetAppのシニアマーケティング職で、大企業対象のバーティカル・ソリューションの定義と推進を担当しました。それ以前は、Intergraph Corporationのソフトウェアエンジニア、Booz Allen & Hamiltonの経営コンサルタントを経験しました。彼はペンシルベニア州立大学でコンピュータ科学修士号を、シカゴ大学でMBAを取得しています。

              ストレージクラフト Mike Kunz 写真

              マイク・クーンツ (Mike Kunz)


              運営担当上席副社長

              マイク・クーンツは、ストレージクラフトで19年以上に渡り、製品管理、ビジネス開発、運営、販売を担当し、経営陣と密接に連携して世界中でチャネル・パートナーシップを確立しました。上席副社長として、ストレージクラフトのグローバル運営、プロフェッショナル・サービス、社内システム、およびお客様サポートを担っています。この職務に就く前に、11年間、ストレージクラフトのグローバル・セールス部門の副社長を務め、その間、主要なハードウェア/ソフトウェアベンダーとの戦略的提携も含め、国内および海外の卸売業者、マネージド・サービス・プロバイダー、および再販業者パートナーとの重要なパートナーシップを確立しました。7年間連続で CRN Channel Chief に指名されています。クーンツは、ブリガムヤング大学でMBAと学士号を取得しました。

              ストレージクラフト Lee Schor 写真

              リー・ショー (Lee Schor)


              アメリカ地域セールス担当副社長

              リー・ショーは、2016年1月にストレージクラフトのアメリカ地域セールス担当副社長に就任しました。北アメリカとラテンアメリカの販売チャネルの管轄と地域外への事業拡大、既存パートナーの潜在ニーズ開拓、新規事業のための戦略的機会創出を担います。過去20年以上にわたり、グローバルおよび米国のチャネルで、セールス、統括を担当し、直販会社でのセールス経験もあります。彼は、堅固なチャネルパートナーシップ構築のためにパートナーの利益を最優先し、ストレージクラフトをアメリカ全土で効果的に普及させています。ストレージクラフト入社前は、インターネットセキュリティー業界で業態の異なる3つのチャネル会社(Sophos、CheckPoint、およびSonicWALL)を渡り歩き、指導的職務を担いました。リーはイリノイ州立大学で経営学とマーケティングの学士号、デポール大学で財務とマーケティングでMBAを取得しています。

              Andy Zollo, VP Sales EMEA, StorageCraft - headshot

              アンディー・ゾロ (Andy Zollo)


              ヨーロッパ、中東及びアフリカ地域セールス担当副社長

              アンディー・ゾロは、2016年7月にストレージクラフトのEMEAセールス担当副社長に就任しました。ヨーロッパ、中東及びアフリカ地域のチャネル管轄と地域外への事業拡大、既存パートナーの潜在ニーズ開拓、新規事業のための戦略的機会創出を担います。過去25年以上にわたり、グローバルおよび米国のチャネルで、セールス、統括を担当し、直販会社でのセールス経験もあります。彼は、堅固なチャネルパートナーシップ構築のためにパートナーの利益を最優先し、ストレージクラフトをヨーロッパ、中東及びアフリカ地域で効果的に普及させています。ストレージクラフト入社前は、インターネットセキュリティー業界で業態の異なる3つのチャネル会社(Gigamon、SonicWALL、およびExtreme Networks)を渡り歩き、指導的職務を担いました。アンディーは西イングランド大学でシステム分析の学士号を取得しています。

              Masuhiro Yamaguchi, Japan Sales, StorageCraft - headshot

              山口 益弘 (Masuhiro Yamaguchi)


              カントリーマネージャー

              山口 益弘は、2016年7月、ストレージクラフトのカントリーマネージャーに就任しました。国内チャネル管轄と事業拡大、効果的なディストリビューションモデルの構築、新規パートナー開発、日本市場でのシェアと認知度の向上を担当します。過去25年以上にわたり、ソフトウェア業界で管理職を経験しました。ストレージクラフト入社前は、アドビ システムズ、ベリタス~シマンテック、およびアクロニスで、指導的職務を担いました。チャネルパートナーとの間でも堅固で友好的な提携関係を築いています。彼は明治大学で経済の学士号を取得しています。

              詳細情報をご希望ですか?

              ストレージクラフトのニュースルームへようこそ