メインコンテンツに移動

Choose your region

Americas

    Middle East / Africa

      Europe

          Asia

            Australia and Oceania

              SPXのダウンロードとLinuxへのインストール

              Linux システムに StorageCraft® ShadowProtect® SPX をインストールするには、下記をご参照ください。インストールは、新しくご購入した場合も、体験版と同様の手順です。

              CentOSとRed Hat Enterprise Linux

              CentOSまたはRHEL 7にSPXをインストールする

              重要: CentOSまたはRHEL に SPXをインストールするには、EPELのリポジトリーが 必要 です。


              1.EPELのリポジトリーをインストールします。次のコマンドを実行します。

              sudo yum install epel-release

              メモ: CentOS と RHEL Linux のインストールのほとんどには EPEL コンポーネントが含まれています。必要に応じて、EPEL リポジトリーは手動でダウンロードしてインストールできます。Fedora ウェブサイト( https://fedoraproject.org/wiki/EPEL) にアクセスし、EPEL パッケージを取得してください。それから上記のコマンドを実行します。


              2.システムにStorageCraftリポジトリーをインストールして設定します。これは1回のみ実行します。

              ターミナルを開き、次のとおり入力します。

              wget https://downloads.storagecraft.com/spx/CentOS7/storagecraft-repo-latest.rpm -O storagecraft-repo-latest.rpm

              sudo yum install storagecraft-repo-latest.rpm -y


              3.fprintd-pam がインストールされている場合、SPX と競合することがあります。この問題を回避するために、次のコマンドで fprintd-pam をアンインストールできます。

              sudo yum remove fprintd-pam -y


              4.すべて(UIとエージェント)をインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo yum install spx kmod-stcvsm-$(uname -r)

              エージェントのみをインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo yum install spx-agent

              UIのみをインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo yum install spx-gui


              5.最新版の SPX がインストールされていることを確認するには、次のコマンドを実行します。

              rpm -qi spx


              6.サービスを開始します。 

              sudo systemctl start spx


              7.新規に作成された SPX 管理グループに現在のユーザーを追加します。

              sudo /usr/bin/gpasswd -a $USER spx


              8.コンソールを開くには次のコマンドを実行します。

              • アプリケーション > システムツール > ShadowProtect SPX を選択して、GUI から SPX ユーザー・インターフェースを開きます。
              • ターミナルからインターフェースを開くには次のターミナルコマンドを実行します。

                /opt/StorageCraft/spx/bin/spx_gui


              StorageCraft repo rpm パッケージは1度のみインストールする必要があります。その後、次のコマンドで最新版に更新します。

              yum update spx

              パッケージとの競合があることを示すエラーメッセージが表示された場合は、次のコマンドを実行して競合しているパッケージを削除します。

              sudo yum remove <パッケージ名>

              次に、再度インストールします。

               

              CentOSまたはRHEL 6にSPXをインストールする

              重要: CentOSまたはRHEL に SPXをインストールするには、EPELのリポジトリーが 必要 です。
               

              1.EPEL のリポジトリーをインストールします。

              sudo yum install epel-release

              メモ: CentOS と RHEL Linux のインストールのほとんどには EPEL コンポーネントが含まれています。必要に応じて、EPEL リポジトリーは手動でダウンロードしてインストールできます。Fedora ウェブサイト( https://fedoraproject.org/wiki/EPEL) にアクセスし、EPEL パッケージを取得してください。それから上記のコマンドを実行します。
               

              2.システムにStorageCraftリポジトリーをインストールして設定します。これは1回のみ実行します。

              ターミナルを開き、次のとおり入力します。

              wget https://downloads.storagecraft.com/spx/CentOS6/storagecraft-repo-latest.rpm -O storagecraft-repo-latest.rpm

              sudo yum install storagecraft-repo-latest.rpm -y
               

              3.fprintd-pam がインストールされている場合、SPX と競合することがあります。この問題を回避するために、次のコマンドで fprintd-pam をアンインストールできます。

              sudo yum remove fprintd-pam -y


              4.すべて(UIとエージェント)をインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo yum install spx kmod-stcvsm-$(uname -r)

              エージェントのみをインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo yum install spx-agent

              UIのみをインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo yum install spx-gui


              5.最新版の SPX がインストールされていることを確認するには、次のコマンドを実行します。

              rpm -qi spx


              6.サービスを開始します。 

              sudo start spx


              7.新規に作成された SPX 管理グループに現在のユーザーを追加します。

              sudo /usr/bin/gpasswd -a $USER spx


              8.コンソールを開くには次のコマンドを実行します。

              • アプリケーション > システムツール > ShadowProtect SPX を選択して、GUI から SPX ユーザー・インターフェースを開きます。
              • ターミナルからインターフェースを開くには次のターミナルコマンドを実行します。

                /opt/StorageCraft/spx/bin/spx_gui


              StorageCraft repo rpm パッケージは1度のみインストールする必要があります。その後、次のコマンドで最新版に更新します。

              yum update spx

              パッケージとの競合があることを示すエラーメッセージが表示された場合は、次のコマンドを実行して競合しているパッケージを削除します。

              sudo yum remove <パッケージ名>

              次に、再度インストールします。

               

              Ubuntu

              SPXをUbuntu 16.04にインストールする

              1.システムにStorageCraftリポジトリーをインストールして設定します。これは1回のみ実行します。リポジトリーを定義した後、SPX のアップデートを実行します。

              ターミナルを開き、次のとおり入力します。

              wget https://downloads.storagecraft.com/spx/Ubuntu16.04/storagecraft-repo-latest.deb -O storagecraft-repo-latest.deb

              sudo dpkg -i storagecraft-repo-latest.deb

              sudo apt-get update

              メモ:上記のコマンドを実行すると、StorageCraft リポジトリー公開署名鍵のコピーがファイル・システムにインストールされ、Ubuntu マシンのapt 鍵ストアに追加 されます。この鍵のコピーは、http://downloads.storagecraft.com/spx/Ubuntu16.04/stc/repository.key にあります。


              2.すべて(UIとエージェント)をインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo apt-get install spx kmod-stcvsm-$(uname -r)

              エージェントのみをインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo apt-get install spx-agent

              UIのみをインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo apt-get install spx-gui
               

              3.最新版の SPX がインストールされていることを確認するには、次のコマンドを実行します。

              dpkg-query --show spx


              4.SPX 管理グループに現在のユーザーを追加します。

              sudo /usr/bin/gpasswd -a $USER spx


              5.サービスはインストール後自動的に開始します。手動でサービスを開始するには次のコマンドを実行します。

              systemctl start spx


              6.コンソールを開くには次のコマンドを実行します。

              • [検索] を使用して SPX アイコンを見つけます。
              • ターミナルからインターフェースを開くには次のターミナルコマンドを実行します。

                /opt/StorageCraft/spx/bin/spx_gui


              StorageCraft repo deb パッケージは 1 度のみインストールする必要があります。その後、次のコマンドで最新版に更新します。

              apt-get update

              apt-get install spx

               

              SPXをUbuntu 14.04にインストールする

              1.システムにStorageCraftリポジトリーをインストールして設定します。これは1回のみ実行します。リポジトリーを定義した後、SPX のアップデートを実行します。

              ターミナルを開き、次のとおり入力します。

              wget https://downloads.storagecraft.com/spx/Ubuntu14.04/storagecraft-repo-latest.deb -O storagecraft-repo-latest.deb

              sudo dpkg -i storagecraft-repo-latest.deb

              sudo apt-get update

              メモ:上記のコマンドを実行すると、StorageCraft リポジトリー公開署名鍵のコピーがファイル・システムにインストールされ、Ubuntu マシンのapt 鍵ストアに追加 されます。この鍵のコピーは、http://downloads.storagecraft.com/spx/Ubuntu14.04/stc/repository.key にあります。
               

              2.すべて(UIとエージェント)をインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo apt-get install spx kmod-stcvsm-$(uname -r)

              エージェントのみをインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo apt-get install spx-agent

              UIのみをインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo apt-get install spx-gui
               

              3.最新版の SPX がインストールされていることを確認するには、次のコマンドを実行します。

              dpkg-query --show spx


              4.SPX 管理グループに現在のユーザーを追加します。

              sudo /usr/bin/gpasswd -a $USER spx


              5.サービスはインストール後自動的に開始します。手動でサービスを開始するには次のコマンドを実行します。

              sudo start spx


              6.コンソールを開くには次のコマンドを実行します。

              • [検索] を使用して SPX アイコンを見つけます。
              • ターミナルからインターフェースを開くには次のターミナルコマンドを実行します。

                /opt/StorageCraft/spx/bin/spx_gui


              StorageCraft repo deb パッケージは 1 度のみインストールする必要があります。その後、次のコマンドで最新版に更新します。

              apt-get update

              apt-get install spx

               

              SPXをUbuntu 12.04にインストールする

              1.システムにStorageCraftリポジトリーをインストールして設定します。これは1回のみ実行します。リポジトリーを定義した後、SPX のアップデートを実行します。

              ターミナルを開き、次のとおり入力します。

              wget https://downloads.storagecraft.com/spx/Ubuntu12.04/storagecraft-repo-latest.deb -O storagecraft-repo-latest.deb

              sudo dpkg -i storagecraft-repo-latest.deb

              sudo apt-get update

              メモ:上記のコマンドを実行すると、StorageCraft リポジトリー公開署名鍵のコピーがファイル・システムにインストールされ、Ubuntu マシンのapt 鍵ストアに追加 されます。この鍵のコピーは、http://downloads.storagecraft.com/spx/Ubuntu12.04/stc/repository.key にあります。
               

              2.すべて(UIとエージェント)をインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo apt-get install spx kmod-stcvsm-$(uname -r)

              エージェントのみをインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo apt-get install spx-agent

              UIのみをインストールするには次のコマンドを実行します。

              sudo apt-get install spx-gui
               

              3.最新版の SPX がインストールされていることを確認するには、次のコマンドを実行します。

              dpkg-query --show spx


              4.SPX 管理グループに現在のユーザーを追加します。

              sudo /usr/bin/gpasswd -a $USER spx


              5.サービスはインストール後自動的に開始します。手動でサービスを開始するには次のコマンドを実行します。

              sudo start spx


              6.コンソールを開くには次のコマンドを実行します。

              • [検索] を使用して SPX アイコンを見つけます。
              • ターミナルからインターフェースを開くには次のターミナルコマンドを実行します。

                /opt/StorageCraft/spx/bin/spx_gui


              StorageCraft repo deb パッケージは 1 度のみインストールする必要があります。その後、次のコマンドで最新版に更新します。

              apt-get update

              apt-get install spx

              体験版のアクティブ化

              ストレージクラフト テクノロジー、およびその従業員と代理人は、(i)特定の者との取引、および(ii)輸出する技術およびサービスの種類、程度を禁止あるいは規制する米国輸出規制法の適用対象となります。お客様は、StorageCraft ソフトウェアおよびそのすべての直接的な製品が、(1)アメリカ合衆国並びにそれ以外の国家の法律及び規制(「輸出法」)に違反して、直接的あるいは間接的に輸出されないよう、また(2)核兵器、化学兵器、生物兵器の拡散を含め(ただし必ずしもこれらに限定されない)輸出法によって禁止されている目的に使用されないよう、輸出法を全面的に順守するものとします。

              本ソフトウェア、あるいはその基本となる情報もしくはテクノロジーは、(i)キューバ、北朝鮮、イラン、スーダン、シリア、ウクライナのクリミア地域、あるいは米国が輸出禁止を課しているその他の国(あるいは、かかる国の国民もしくは住民)に対して、また (ii)米国財務省の特別指定国家リストおよび外国人制裁忌避者リスト、米国商務省の取引禁止業者リスト、未検証者リスト、あるいは法人リストに含まれる、または対象となっている者に対して、ダウンロード、アクセス、使用、その他輸出や再輸出は一切できません。制裁対象国および対象者は変更される場合があります。StorageCraft ソフトウェアをダウンロードまたは使用することにより、お客様は上記に同意し、お客様がこれらの国に位置するものでも、これらの国の支配を受けるものでも、あるいはこれらの国の国民もしくは住民でもないことを、またこれらのリストに含まれていないことを表明、保証し、さらに米国法を順守するために必要な米国政府の一切の許可を取得する責任があることを認識しているものとします。

              ,