メインコンテンツに移動

Choose your region

Americas

    Middle East / Africa

      Europe

          Asia

            Australia and Oceania

              事業継続性を確保したいなら、StorageCraft Cloud Servicesがシステムとデータを保護し、アップタイムを確保します。

              サイト全体の障害からのリカバリーを計画しましょう。StorageCraft ShadowProtect® SPXまたはStorageCraft ShadowProtectを使用してローカルでのバックアップイメージを作成しましょう。

              StorageCraft ImageManagerで、これらのオフサイトの暗号化バックアップをStorageCraft Cloudにレプリケートします。ベース・バックアップ・イメージと既存の統合増分イメージファイルを物理StorageCraftシードドライブにレプリケートして弊社に送付することによって、クラウドをシードすることもでき、これによってネットワーク帯域幅の節約になります。

              簡単に使えるクラウドポータルを通じてアカウントをこのDRクラウドで管理しましょう。ストレージクラフトのプライバシーとセキュリティー対策では、自分が保存したバックアップイメージのみにアクセスできるようになっており、たとえ何があってもバックアップの安全は確保されます。ローカルで災害があった場合でも、間違いなく自社データを取得できます。

              クラウドで個々のファイルとフォルダーを復元し、瞬時にシステムを仮想化します(保護の3つのサービスレベルから組織のニーズに合わせて選択)。リカバリー時に追加料金を請求することはありません。

              準備ができ次第、交換ハードウェアシステムをStorageCraft Bare Metal Restore(BMR)処理によって復元できます。ShadowProtectまたはSPXのバックアップイメージが収容されているBMRドライブをリクエストしてください。

              StorageCraft Recovery EnvironmentはBMRドライブから最小限のダウンタイムでシステム全体を復元できます。(Cloud Premiumを選び、災害時に仮想マシンをクラウドで起動すれば、ドライブを作成して送付した後、作成した増分バックアップを自動的にダウンロードできるので、リカバリーがずっと簡単になります。

              クラウドのカスタマイズ

              組織ごとに異なる重要システムが必要であり、異なるレベルの保護が必要になります。StorageCraftならば、クラウドの設定を事業継続性計画や環境、予算に合わせてカスタマイズできます。

              クラウド・サービス・レベル

              StorageCraft Cloud Servicesは、以下の3つのサービスレベルで提供します。

              • Cloud Basic

              • Cloud +

              • Cloud Premium

              追加設定で、二次データセンターへのデータミラーリングもできます。

              サービスレベルの比較

              クラウド保持階層

              StorageCraft Cloud Servicesには、以下の3つのサービス保持階層(および保持フレックスオプション)があります。各保持階層は、一定数の連続統合の日次、週次、または月次のリカバリーポイントを保持できます。また、フレックスオプションを選択して保持設定をカスタマイズすることもできます。

              保持階層の比較

              さらに、日中リカバリーポイントを作成でき、最新バックアップと同様にクラウドに送信されて検証されます。オンデマンド日中リカバリーポイントを作成するには、クラウド・ポータル・ダッシュボードの[リカバリーポイントの生成] ボタンをクリックするだけです。

              技術情報

              クラウドストレージの詳細

              データが最低限圧縮されて保存されていれば、完全仮想化と同様に、StorageCraft Cloudのファイルとフォルダーへのアクセスがほぼ即時にできます。デバイスが最初にクラウドにアップロードされた際の使用ストレージ容量は元のボリュームの使用量とほぼ同じになります。

              クラウド使用容量は、ローカルで圧縮されたShadowProtectまたはSPXのイメージが必要とする容量よりも大きくなります。リカバリーポイントがStorageCraft Cloudに送信されると、追加クラウド・リカバリーポイントがあるため、クラウドで使用されるストレージ容量は大きくなります。

              StorageCraft Cloudで使用する容量を減らすために、ユーザーはローカルのStorageCraft ImageManager保持ポリシーとは別に保持ポリシーを設定することができます。

              クラウド配置

              StorageCraft Cloudの配置前に、ShadowProtectまたはSPXのバックアップを暗号化していない場合は、暗号化する必要があります。バックアップのクラウドへのアップロードは、直接ストリームまたはシーディングデバイス利用の2つの方法で可能です。

              シードドライブが安全に輸送できるよう適切にパッケージ化するには、StorageCraftシードドライブを使用する必要がありますが、通常料金でお求めいただけます。最大2TBのドライブと発泡スチロールの緩衝材付きで硬質ボックスをご送付いたします。

              要件

              StorageCraft Cloud Servicesには次の利用要件があります。

              • SPXまたはShadowProtectのバックアップソフトウェア

              • StorageCraft ImageManager 6.7.7以降

              追加クラウド要件と制限事項

              クラウドポータル内

              クラウドポータルの画面キャプチャーをご覧ください

              ストレージクラフトのソリューションについてご確認ください。