メインコンテンツに移動

Choose your region

Americas

    Middle East / Africa

      Europe

          Asia

            Australia and Oceania

              StorageCraft 返品ポリシー

              ストレージクラフトは、当社製品が全ての顧客のニーズと期待に応えるものと確信しています。顧客満足を実現するために、ストレージクラフトは 30 日の無料試用期間1を提供しています。その間に、StorageCraft ShadowProtect® Server、ShadowProtect for Small Business、ShadowProtect Desktop、ShadowProtect Virtual、および StorageCraft ImageManager2 を購入前に評価できるようにしています。顧客満足を実現するために、ストレージクラフトは 30 日の無料試用期間1を提供しています。その間に StorageCraft ShadowProtect SPX を評価できるようにしています。ただし、当社は、購入後にこれらのソフトウェア製品の返品が必要になる場合も例外的にあると認識しています。そのため、購入後 30 日以内に、顧客が何らかの理由で満足しなかった場合、ストレージクラフトは製品の交換または購入価格の払戻しに応じます。3 返品要求を処理する前に、お客様はアクティブなライセンスを非アクティブ化する必要があります。4

              StorageCraft ShadowProtect IT Edition および StorageCraft ShadowProtect IT Edition Pro は、以下のように多様なサブスクリプション モデルで購入することができます。2 週間サブスクリプション(14 カレンダー日)、1 ヶ月サブスクリプション(30 カレンダー日)、3 ヶ月サブスクリプション(90 カレンダー日)、または年間サブスクリプション(365 カレンダー日)。ShadowProtect IT Edition および ShadowProtect IT Edition Pro 返品ポリシーはサブスクリプション モデルによって異なります。2 週間サブスクリプションの場合は短期間のため、ストレージクラフトは返品に応じられません。1 ヶ月サブスクリプションは、購入後 2 週間(14 カレンダー日)以内であれば、いかなる理由であっても返品が可能です。その場合、ストレージクラフトは購入日時点の 1 ヶ月サブスクリプションの購入価格と 2 週間サブスクリプションの価格との差額を払戻します。3 ヶ月サブスクリプションおよび年間サブスクリプションは、購入後 30 日以内であればいかなる理由であっても返品が可能です。その場合、ストレージクラフトは購入日時点の 3 ヶ月サブスクリプションまたは年間サブスクリプションの購入価格と 1 ヶ月サブスクリプションの価格との差額を払戻します。ShadowProtect IT Edition および ShadowProtect IT Edition Pro の返品は、購入元のベンダーを通じて処理する必要がありますが、顧客はソフトウェア メディアを StorageCraft に直接発送する必要があります。

              米国およびカナダ
              StorageCraft Technology Corporation
              Attn:Returns, 380 Data Drive, Suite 300
              Draper, Utah, 84020
              USA

               

              欧州/ブラジル
              StorageCraft Technology
              Tellengana House
              Blackrock Road
              Cork
              アイルランド

                                                         

              日本
              StorageCraft Technology G.K.
              105-0001
              東京都港区虎ノ門 1-1-23
              虎ノ門東宝ビル 5F

               

              オーストラリア
              StorageCraft Indo-Pacific Pty LTD
              13.02, 201 Kent Street
              Sydney, NSW, 2000
              Australia

               

              返品が有効であるためには、返品されるメディアの消印が、返品時点でストレージクラフトが定める日付以内でなければなりません。購入時点で請求されたソフトウェア メディアの料金および返品に関わる送料は払い戻されません。

              StorageCraft Granular Recovery for Exchange(GRE)ソフトウェアは、無期限、サブスクリプション、または有期プロジェクトベースで購入およびライセンス(「プロジェクト ライセンス」)供与されます。GRE プロジェクト ライセンスの性質から、ストレージクラフトは GRE プロジェクト ライセンスの返品に応じられません。GRE 永続ライセンスは、購入後 60 日以内であれば、いかなる理由であっても返品が可能です。その場合、ストレージクラフトは購入日時点の GRE 永続ライセンスの購入価格と GRE プロジェクト ライセンスの価格との差額を払戻します。ストレージクラフトは、GRE サブスクリプション ライセンスの返品には応じません。

              未使用の StorageCraft Cloud Services のクラウド クレジットは、ストレージクラフトの裁量により、30 日以内であれば返品可能です。クラウドサービスの使用料は返金されません。

              ストレージクラフトプレミアム サポートの返品は、返品ポリシーに従って、同時に購入されたストレージクラフト製品と併せて返品する場合にのみ可能です。ストレージクラフト インシデントサポートは、払戻しも譲渡もできません。メンテナンスの更新および製品のアップグレードは、購入後 30 日以内に何らかの理由で返品が可能です。その場合、顧客が製品のアップグレードをアクティブ化しておらず、ストレージクラフトサポートでサポート ケースも開いていない限り、ストレージクラフトは購入価格を払戻します。

              払戻しの対象外:StorageCraft Academy プログラムの料金、講師主導型の StorageCraft Academy コース、認定試験の一部または全部、 StorageCraft Cloud Services に関わる料金および費用、ソフトウェア メディア キットの購入、サブスクリプション料および MSP ベースでライセンス供与されたストレージクラフト製品、および本返品ポリシーに明示されていないその他全ての製品またはサービス。

              特定の製品およびサービスは、お客様の国で使用できない場合があります。

              ストレージクラフト製品およびサービスの返品については、製品またはサービスがストレージクラフトから直接購入された場合を除き、返品および交換は、必ず製品またはサービスの入手元のベンダーを通じて処理する必要があります。ベンダーは、返品手数料を請求する場合があります。ストレージクラフトは、その独自の裁量により、顧客が返品ポリシーを悪用していると判断した場合、要求された返品または交換を拒否することができます。


              130 日試用期間は、永続的にライセンス供与されるストレージクラフトソフトウェアにのみ適用されます。マネージド サービス プロバイダー(MSP)バージョンのソフトウェアの場合、15 日試用期間が提供されます。

              2ストレージクラフトは、intelligentFTP® ジョブ、HeadStart Restore® ジョブ、および/または ShadowStream® ジョブ(総称して「ImageManager ジョブ」)には使用期間を提供していません。ImageManager ジョブは、購入から 30 日以内であれば返品または払い戻しが可能です。

              3本返品ポリシーは、永続バージョンの基準ソフトウェアにのみ適用されます。MSP バージョンのソフトウェアへのサブスクリプションは、払戻しの対象外です。

              4 StorageCraft ShadowProtect IT Edition、StorageCraft ShadowProtect IT Edition Pro、または StorageCraft Granular Recovery for Exchange の非アクティブ化に要件はありません。

               

              バージョン最終更新 2015 年 3 月 26 日